高岡カルタ

「か」〜「こ」

“イメージ画像”

紹介と解説

“「か」”

かがやきあまり停まらない
(北陸新幹線)

平成27年、かがやき定期化に向けて「一人一客・一人一乗車運動」が展開された。

“「き」”

休館は寝耳に水
(高岡市民会館)

平成30年、高岡市民会館が財政難による経費削減で突然無期限休館となった。

“「く」”

クルン高岡ひと来るん
(クルン高岡)

平成26年、クルン高岡がオープン。テナント確保に苦戦している。

“「け」”

家来をつれて町をゆく
(伝説の勇者ヤスヒロ)

高岡市内で勇者に扮した男が時折出没している。ちょっとした街の有名人。

“「こ」”

コミュニティバスもうこない
(コミュニティバスこみち)

平成30年、コミュニティバスこみちが廃止。財政難による経費削減の一環。